広島県福山市神辺町しげまさ歯科

インプラント

MENU

アクセス TEL予約

毎日の食生活を心から楽しむ

歯がない方や保険の入れ歯をご使用の方は「かむ能力」が落ちていることが多いです。かむ力がおとろえるとやわらかいものしか食べられなくなります。

インプラントは、安定性の高い人工歯。治療後は、これまで食べられなかった固いものをしっかりかめるようになり、毎日の食生活を心から楽しめるようになります。

しっかりかめる、自然な見た目、発音もスムーズ

インプラントとは、人工歯根をあごの骨に直接埋め入れる治療です。素材のチタン金属が骨と強固に結合するため非常に安定性が高く、食べ物をしっかりかめるようになります。インプラントの人工歯はセラミックやジルコニアなど、セラミック性の高い素材を使用。自然で美しい見た目の歯を再現できます。インプラントは入れ歯と異なり、あごの粘膜をおおいません。舌の動きを邪魔しないため、スムーズな発音が可能です。

信頼できるトップシェアメーカー

当院では世界シェアトップの「ストローマンインプラント」および「カムログインプラント」を採用しております。

現在、日本国内には100種類以上のインプラント製品が存在しています。しかし、その中には安全面や品質に疑問が残る製品も少なくありません。当院で取り扱うストローマンインプラントはスイス、カムログインプラントはドイツで研究開発されました。両製品とも徹底した品質管理と長年の臨床実績をほこり、世界中の歯科医師から高い評価を得ています。安全性が高く機能面にもすぐれており、さまざまな症例に対応できる数少ないインプラントの1つです。

当院の取り組み

CTを使った入念なシミュレーション

治療前の診察時には、CTスキャンを使い、あごの骨の形や血管、神経の走り方を確認します。CT画像をもとに入念なシミュレーションを行うことにより、手術時におきるトラブルのリスクを最大限に減らします。

サージカルガイドの使用

サージカルガイドとは、インプラントの埋め入れを正確に行うための器具です。
サージカルガイドを使った治療では、撮影したCT画像のデータを専用のソフト(smop)に入力、手術前に綿密にシミュレーションを行います。手術時にはステントと呼ばれるガイドを使うことにより、術中に血管や神経を傷つけない、精度の高い埋め入れが実現可能です。

アフターケアも万全に

手術後は感染症をふせぐための抗生物質と痛み止めを処方します。インプラントは治療後の定期的なケアがとても重要です。ケアをおこたると歯周病に似た「インプラント周囲炎」を発症することもあります。メンテナンスの頻度は患者様によって異なりますが、3か月に1度のご通院をおすすめしています。インプラントを長く使い続けるためにも、アフターケアは万全に行うことが大切です。

しげまさ歯科に相談
×